美容室で過ごす時間とコミュニケーション

オートシャンプーを経験すると

最近ではシャンプーも専用のマシーンがあって、シャンプーマシーンに洗った貰った経験のある人も増えてきたと思います。オートシャンプーをしてみると解ると思うのですが、やはり機械は機械なんですよね。とても淡々と洗ってもらう感じで、確かにそれでも何の問題も無いのですが、そういう時に限って、どこか痒くなったりしませんでしたか? 「あ〜ここが痒いのに、機会だからもう一度洗って、とは言えないよな〜」なんて思った経験のある人も少なくないのではないでしょうか。実は普段からアシスタントに洗ってもらった時にも「痒いところは?」と聞かれても「大丈夫です」と答えた事しかなかったのに、相手がマシーンだと思うと、無性に「痒い」と主張したくなってしまう、というのは勝手が良い話ですよね。芸能人が利用する美容室情報でもそういう経験をすると、人の手で洗ってもらう事がどんなに心地よいのかがよくわかります。おそらく「痒いところはございませんか?」と尋ねてくれる気遣いもその心地よさの中に含まれているのではないでしょうかね。これもおそらく日本人のサービス精神の現れであり、日本の美容室でしか味わえない至福の時なのではないでしょうか。ですからアシスタントさんにシャンプーをしてもらっているときには、遠慮しないで自分自身を至福の時間にもたらすように、遠慮なくお願いするといいですね。よく考えると美容師さんはシャンプーのスペシャリストですから、大森 美容室などではきちんと希望を伝えてもらってニーズに答えたいという感じで考えているみたいですよ。