美容室で過ごす時間とコミュニケーション

コミュニケーションの一つ

シャンプー中に「痒いところはありませんか?」と聞かれる事や答え方には色々な意見があるようですが、結局のところアシスタントさんとのコミュニケーションの一つなのではないか、と思います。そこで「大丈夫です」とか「とくにありません」と答える方が自分自身が気が楽なのであれば、それでもかまわないですよね。無理をしてまでアシスタントさんと関わる必要は無いですし、アシスタントさんもそういう人がいる事も解っているはずです。だから深追いして「本当にないですか?」などと言う人アシスタントさんはいないはずです。ですが、解っておいた方が良いのは「痒い所を具体的にお願いしても、アシスタントさんは面倒くさがったり、嫌な気持ちにはならない」と言う事です。遠慮なく「もう少しお願いします」とと言えば、アシスタントさんとのコミュニケーションのきっかけになります。普段はまだお客さんの髪をカットする事が出来ないアシスタントさんにとって、お客さんと会話ができる唯一のチャンスです。それを嬉しく思うアシスタントさんの方が多いと思います。場所が上手く伝えられなくても「ここですか?」「もう少し上です」などと会話をするのも、なかなか良いものです。覚えてもらえたら、次回からは少し長めにシャンプーしてくれたりするアシスタントさんもいるようですよ。何しろ決まり文句のように聞こえてしまいがちですが、客としての要望、希望もきちんと伝えると池袋 美容室ではシャンプーをきちんと行ってくれたりします。