答えてもらった方がアシスタントはうれしい

答えてもらった方がアシスタントはうれしい

アシスタントの方もせっかく尋ねるように指導されているのに、みんなが「ありません」「大丈夫です」という答えであったらちょっと残念な様です。お客の方の心理としたら、「そんな頭を掻いてもらうなんてお願い、出来ないよ」と思ってしまいがちですが、アシスタントの方としたら、もしやってほしい所があるのであれば、それは正直に言ってもらった方が嬉しいようですね。ですからちゃんと「襟足が痒いです」とか「耳の後ろあたりをお願いします」とか言っても大丈夫な様ですよ。中には「全体的に」と言う人もいる様で、そうすると結果的にシャンプーの時間を延長してもらっている様なもので、ラッキーなわけです。そしてお願いしたのならば、終わった後に「気持ちが良かった」と言う事を伝えてあげるとアシスタントさんはとても嬉しいと思います。実際に痒いところが具体的には無くても、そのシャンプーが気持ちが良いのであれば、お願いするのが良いかもしれませんね。そしてその気持ちが良かった気持ちをちゃんと伝えれば、悪い気がするアシスタントはそんなにいないと思います。私たち日本人はなにかと遠慮する国民性ですから、痒いところがある、なんて言ってしまったら、「あなたのシャンプーの仕方が足りないのよ」と文句を言っているように思われてしまうのでは?と思いがちですが、そうではないようですね。きちんと答える部分は答えるようにすると青葉台 美容室ではきちんと希望に答えてくれるみたいです。良いお店はその辺もきちんと考えてくれているみたいですね。